« たけのこ | メイン | あの日2 »

宝物

去年の学校公開で、理科の専科の先生のご好意で、支援学級にも実験室授業をしてもらっていました。


液体窒素でいろいろなものを凍らせてみよう!


で、植物や食料、飲料が用意され、やけどをしない程度に触ったり、舐めたり(氷結コーラを味見していました
破壊魔くんは終始


実験テーブルにがぶりより


比喩抜きに机を抱え込むは身を乗り出すはで先生に

こぼれたらあぶないから


と額を何度も押される始末(スミマセン)
また、(これは小学校から片鱗がありましたが)

石が好き

キレイな石、気に入った石をポッケにしのばせっぱ→そのまま私が気が付かず

洗濯機でガラガラガラ………

まぁ、よくあることです
つい最近、本屋さんで、破壊魔くんが久しぶりのおねだり目で手に取ったのは、


学研のポケット図鑑、鉱物・岩石
http://hon.gakken.jp/book/1020320900


大好きな石の数々と、全漢字にふり仮名つき()が、破壊魔くんには

「読める!!(カモ)」


になったようです
それから、毎日、学校のカバンにいれて持ち歩くようになり、宝物の一冊になります。
そして、ここ数か月で、(宇宙戦艦ヤマトの影響だなぁ)宇宙・地球、に目覚めた破壊魔くん。
またまた本屋で、同シリーズの


地球・宇宙
http://hon.gakken.jp/book/1020320800


をねだられ、次いで、星・星座・・・と宝物が3冊になってしまいました。
そして、全部持ち歩きたいこだわり→カバンが重くなる→腰を痛くする→先生と私で

一日一冊ずつ

のお約束
これもまぁ・・よくあることで・・・

ページの先頭へ