« おねえさんだなぁ・・・ | メイン | お友達はうれし »

何度見ても慣れない

児童集会で朝、かくし芸大会がありました。
最近勉強で自信を無くしかけているのを懸念し、思い切ってエントリー。
学校のみんながしらなくて、みんながすごい!と思ってくれるであろう破壊魔くんのかくし芸は・・
そう、鼓笛のファイフ(^^
ママと一緒に舞台にあがったけれど、ちゃんと演奏ができました!
ママの思惑通り、学校のみなさんから褒めてもらいます。
だからこの学校が好き。
破壊魔くんは、これで又当分学校は楽しんでいけるかな?

学年末でテスト4連発に少々お疲れ気味でしたが、本日は4時間授業だったので、鼓笛バトンの衣装作りに行きました。
本番が近いので。
破壊魔くんは、練習ではなくゲームをしていていいとわかるとルンルンでついてきます。
室内で作業をしていると、同じ鼓笛隊の男の子4人がはいってきます。
もちろんDSをやっている破壊魔くんにパーっとちかより、団子状態に盛り上がっています。(^^;
お友達に会えて嬉しいのか、順番しよ〜などとやっているのはいいのですが・・・
やっぱり貸すのはほんのちょこっと、すぐに手と口がでてしまいます。
(ちょっとかして〜とかの手ですよ〜)
これではお友達は面白いはずもなく・・・
それでも、破壊魔くんのゲームに釘付けのみんなです。

5時を回り、帰宅する時間がせまります。
「もうすぐ6時、6時」
とさかんに帰りたいとママを促す破壊魔くんなのですが、まぁ半までにでればいいや〜と、のんびり構えていると・・
お友達1「まだ6時じゃないじゃん」
お友達2「もうすぐってことでしょ」
お友達3「すぐじゃないじゃん、あと50分もあるぜ」
お友達1「うん、まだ5時ちょっとだよ」
破壊魔「5時、次は6時〜」(時単位が少しだけわかってきた)
お友達1「破壊魔、今何時か言ってみろよ」
破壊魔「・・・・・5時ぃぃぃ・・・スラモリのね」(視線も話題もとたんにそらす)
お友達3「おれ、読めるよ、5時15分な」
お友達1「当然でしょ」
お友達s「ドッ(笑)」
ママ「破壊魔、わからない時は、わからないって言えばいいんだよ」
コロっとしたお顔はしていますが、破壊魔くんの心が心配なので。
外食続きでパスしようとおもったけれど、お気に入りのラーメン屋さんによることにしました。
餃子を一杯たべてご機嫌になってもらいました。

ふぅ・・・
鼓笛のお友達はまだ一年、週末だけのお付き合い。
破壊魔くんのことをわかるはずもなく、ママつき+ゲームにうらやましいのもわかるのですが・・・
これを鼓笛の指導者の方や、保護者に言えば叱ってくれるのもわかるのですが、いちいちこんなことで反応するよりも、長い目で見守ったほうがよいのは、今までの経験上理解しています。
けれど。。。
そのすべてをわかっても、わが子が目の前で嘲笑されるのは何度みても慣れないものです。
週末で疲れているのもあるのでしょう。
今日は早く休みますか。

コメント

まこっちゃだけじゃないよ(^-^)
破壊魔君はお友達にだけど、たか君なんて、お友達の親に嘲笑されるんだよ(^^;
ドンくさいからさ。
ドンくさいのは、親の私が一番知ってるから、言われる前に言っちゃえ!って自虐ギャグ的に言っちゃうんだけど、それでも「たかちゃんだったら、こうだろうね!(笑)」なんて言われちゃうと、キレかけるときあるよ(^^;
まこっちゃと破壊魔君だけじゃないよ。たか君なんて、一応、健常児だぞ(^^;(言い方悪かったらごめんm(__)m)

ううん、ちぃっとも言い方わるくないよぉ?!(というような言い方の方がヘンなようなぁ?(^^;;)
ありがちょね(*^^*)
うーむ、しっかし・・
大人が他所のお子さんの顛末を笑う・・・ねぇ?
よっぽど親しい間柄・・・でもしねぇな(^^;;
てんちゃはそんな中で大丈夫なんかい?(T.T

あーでも、コケにするのはないけれど、子どものしでかしたことを、すごく湾曲というか誇大して話すのは確かにありがちかも。
前にやっぱりクラスの様子さぐりにきいてくる人がさ
「あの、〇×ちゃんのいじめ事件、どうだったの?」
とか聞かれてびびった。
いじめって言うよか、まぁ虫の居所が悪くって
「今日は一緒にしないよ」ってノリだったんだけどね。
言われた子どもの心境や聞いた親の心境もあるのだろうけど、それがさらに回りに回って”いじめ事件”=あの子はいじめっ子”になっているのがすごく怖いと思った。
幸い、親御さんが騒ぐようなこともなかったから、又いつも通り遊べる3人組がいるのだけど、これが・・・と思うと恐ろしいなぁ。
まさしく、親が出るなってパターン。
でも、出たほうがよい場合ももちろんある。
その加減が大人がみんなわかってないというか・・見ないとわかんないものかなあ?
いつも言うことなんだが、大人が表面だけをみないで本質をもっと理解するように努めないとだねぇ

コメントを投稿

ページの先頭へ